電気工事士の仕事って?

電気工事士の仕事って?くわしい内容や種類・必要資格を紹介

社会の発展とともに、便利な世の中を支えている「電気」。スマートフォン、パソコン、大型液晶テレビ、エアコン、競技場の大型スクリーン、街灯のネオンまで。世の中に必要不可欠で便利な技術の数々は、「電気」なくしては成り立ちません。そんな現代社会を支える職業、それが電気工事士です。ここでは、電気工事士の仕事内容や、電気工事士になるために必要な資格、仕事のやりがいを簡単にご紹介します。

具体的な仕事内容

電気工事士の仕事の種類や領域は、一言では言い表せないくらいとても幅広いです。仕事内容によってもちろん働き方も異なってきますが、ここでは電気工事の分野を大きく2つに分けて解説していきます。

建設電気工事

建設電気工事は官公庁施設や教育施設、工場、ビル、事務所、病院、住宅などのあらゆる建設物の屋内外電気設備の設計や施工を行います。変電設備などの配線、大型機器の制御回路のメンテナンス、さまざまな建物のコンセントや照明器具の取り付け・電球交換まで、電気にまつわるいろいろな作業を行う仕事です。

新しい建物を作るときには、建物内の電気配線の設計や施工をしたり、配電盤や各種電気設備の据え付けをしたりなど、工事をゼロから行います。また、既に使われている建物に、新たな配線や電気設備を追加するリフォーム・改修工事を行うこともあり、公共・企業・一般家庭と、携わる仕事の範囲はとても幅広く、多種多様な工事に関わることができます。

電気工事は他の建設作業と並行して行うことが多く、通常はグループをつくり共同で施工します。(現場によっては1~2人の少数で作業する場合もあり) 大型の工事となると、施工責任者・現場監督がおり、その指示に従って工事を進めていきます。空港・ダム・コンビニ・住宅など、作業現場は多岐に渡るため、飽きのこない仕事と言えるでしょう。

※余談ですが、実は電気工事の付随作業としてさまざまな仕事が発生するケースが多かったりします。工事現場に建てる仮設の電柱のための穴掘りやペンキを塗ったり、セメントで補修したりと、電気工事とはあまり関係なさそうな作業も発生します。

鉄道電気工事

鉄道電気工事は、世界一正確に運行していると言われる日本の鉄道を陰で支える仕事です。鉄道には電車に電気を送る架線、安全運行を支える信号システム、踏切、駅の照明・通信設備、そして電力を供給する発電所・変電所に至るまで、さまざまな電気設備があります。

これらの設備が故障しないよう、駅構内の照明設備や配電線路工事の施工、自動改札装置、電気掲示器などの施工、保守業務を行います。鉄道施設での電気工事を行うためには、業者としてさまざまな条件をクリアしなければいけないため、参入できる業者は限られてきます。

必要に応じた仕事の領域

電気工事士として働くうえで、資格は絶対に必要なの?といった疑問を持つ方もいらっしゃると思いますが、必ずしも資格を持っていなくとも、電気の仕事に携わることは可能です。しかし、電気工事士の仕事には、専門資格を持っていないと携われない作業もあるので、この業界で将来も長く働くことを考えているのであれば、国家試験を受験して「電気工事士」の資格を取ることをおすすめします。

電気工事士の資格には、第二種電気工事士第一種電気工事士の2種類があります。持っている資格に応じて、携われる領域が違ってくるので注意しましょう。

資格 できること 規模
第二種電気工事士 電圧が600V以下の電気工事
(配線工事や電気設備工事)

一般住宅

小規模な店舗

事業所 など

第一種電気工事士 最大電力が500㎾未満の電気工事
(配線工事や電気設備工事)
ビル
工場
大型店舗 など

補足

電気工事士に関する資格には、上記のほかに、認定電気工事従事者特殊電気工事資格者といった資格もあります。電気に関するさまざまな資格についてまとめた記事もあるので併せてご参考ください。

第二種電気工事士は、一般用電気工作物の電気工事ができます。一般用電気工作物とは、一般住宅や商店などの低圧受電のもので、道路などにある電柱から変圧器で電圧600V以下に落として受電するものです。

第一種電気工事士は、一般用電気工作物および最大電力500㎾未満の自家用電気工作物の電気工事ができます。自家用電気工作物とは、高圧・特別高圧で受電する電気設備で、電柱から直接敷地内に設けた変電設備で受電して使用するものです。

第二種電気工事士の資格は、独学でも取得可能ですし、電気系や工業系の専門学校などで学びながら取得する道もあります。第一種電気工事士の資格は、免状を取得するまでに5年以上の実務経験を積まなくてはなりません。試験に合格するには、施工図面を見て適切で安全な電線の通し方を考えたり、火災などの事故を防ぐための法令にあった工事を計画したりできる力が必要です。また具体的な仕事内容については、現在、有資格者を募集している会社の求人情報をご覧いただくのも分かりやすいと思います。

電気工事士になるためには?

電気工事士になるには、まずは「第二種電気工事士(国家資格)」の取得を目指しましょう。特に受験資格に制限はありませんので、筆記試験と技能試験の両方に合格すれば、資格を得ることができます。
第二種電気工事士の資格を取るには、独学で勉強する以外に、電気系や工業系の高校・専門学校・大学で学んだり、通信教育や短期集中講座を受講したりするなど、多くの手段があります。そして、電気工事士として実際に稼いでいくとなると、電気工事会社に入社するのが一般的です。

就職先の探し方は転職サイトを使ったり、ハローワークで探したりと色々な方法があります。電気工事士になるための方法について詳しくまとめた記事もあるので、併せて参考にしてください。

仕事のやりがい

電気工事士の仕事は非常に社会的意義の高い仕事だと言えます。阪神淡路大震災、東日本大震災などの自然災害で多くの方が経験されたと思いますが、現代社会では電気がなければほとんど何もできません。

たとえば、電話回線が生きていても、電気が通っていなければ電話機が作動せず、連絡も取れません。電車も動かず、都心部では自宅に帰宅できない、いわゆる「帰宅難民」が大量に発生します。インターネットもテレビも見れないため、情報が得られず、外の状況がわからなくなります。真夏や真冬であれば冷暖房も効きません。

そうした大きな自然災害が起きたときは、日本中が電気のありがたさを強く実感しました。そして今、社会や産業の構造がとてつもないスピードで変化しており、電気業界に大きな影響を与えています。

電気の世界を取り巻く環境の変化に伴い、電気工事士という職業価値は「上昇」しています。その点からも、電気工事士は将来性のある職業の1つだと言えるでしょう。過去を乗り越えるため、日本の将来をつくるため、過去未来の両面から電気工事士の仕事は期待されているのです。

電気工事士はさまざまな分野で、人々が電気を意識することなく安全に簡便に使えるようにしてくれています。この一瞬も、電気のプロフェッショナルとして、電気工事士は日夜活躍しているのです。

災害を防ぎ、人々の生活を支え、人の命を守る。
電気工事士の仕事はやりがいに溢れる仕事だと言えます。

辛いことってないの?

電気工事士の仕事は時代の流れとともに、昔に比べて働き方がだいぶ楽になったと言われていますが、元々は厳しい職人の世界です。『技術は教えられるものではなく、盗むもの』という考えが建設業界では根強く残っているため、コミュニケーションが雑になってしまうこともしばしば。また、外で体を使うので肉体的にも疲労が多い仕事ではあります。

さらに、現場によっては他業種の業者が出入りし同時に作業することもあるので、自分たちの都合だけでは作業が進まないこともあります。現場の状況を見て、臨機応変に対応できる力も、電気工事士には求められているのです。他業種の業者の作業内容を把握し、それに合わせてタイミングよく周囲と連携を取りながら作業ができるようになれば、現場の戦力として活躍できるでしょう。

電気工事の仕事が辛いと感じる場面はひとそれぞれで、体力的にきついと感じる時・精神的にきついと感じる時・仕事を覚えるのがきついと感じる時、などさまざまです。

しかしながら、現場で働く方に話を聞くと、「大変・辛いと感じることが多い分だけ、やりがいもある」という声を多く聞きます。一人前の電気工事士として活躍するには、辛さを乗り越えられるだけの忍耐力も必要と言えるかもしれません。

TOPへ

必ず役立つ情報満載!

転職お役立ちコンテンツ

最強の電気工事士へ

資格試験スケジュールカレンダー