第二種電気工事士ができることは?試験・仕事内容と将来性を解説

第二種電気工事士  資格  試験  対策  活躍 

目次

第二種電気工事士は、電気工事を行うために必要な国家資格のひとつです。

これから電気工事士を目指す方にとってまずはじめに目指す資格となるでしょう。


この記事では、第二種電気工事士に関する以下の情報について解説します。

この記事でわかること
  • 第二種電気工事士ができること・仕事内容
  • 第二種電気工事士の資格試験概要
  • 第一種電気工事士との違い
  • 第二種電気工事士のメリット
  • 第二種電気工事士の勉強方法と勉強時間
  • 第二種電気工事士の年収と給料アップ方法

これから電気工事士として働く方や資格取得を目指す方が知っておくべき内容について、詳しく解説しています。

これから第二種電気工事士を目指す方はぜひ参考にしてみてください。

\ 第二種電気工事士の年収をチェックする /

第二種電気工事士の求人をさがす

※登録不要で求人を探せます

電気工事士の概要については「電気工事士とは」で解説しています。

第一種電気工事士については「第一種電気工事士の試験概要」で解説しています。

第二種電気工事士ができること

第二種電気工事士ができることは、一般電気工作物と小規模事業用電気工作物の電気工事です。

第二種電気工事士の資格では自家用電気工作物に関わる電気工事には従事できないため、注意してください。

■第二種電気工事士ができること

電気工作物の種類 作業可否
一般電気工作物
自家用電気工作物
(最大電力500kW未満の需要設備の電気工事)
小規模事業用電気工作物

■一般用電気工作物

一般住宅や小規模な店舗のように、電力会社から低圧(600V以下)で受電している電気工作物

■自家用電気工作物

電気事業(一般送配電事業等)に使用する電気工作物と小規模事業用電気工作物を除く、事業用電気工作物

■小規模事業用電気工作物

経済産業省が定める出力未満かつ電力会社から低圧(600V以下)で受電している事業用電気工作物

※経済産業省が定める出力は「電気工作物の保安(経済産業省)」参照

※構外の電気工作物と「低圧電線路以外の電線路」で接続されていないものに限る

第二種電気工事士の仕事内容

第二種電気工事士の仕事内容は以下の通りです。

おもに、住宅や小さな施設の電気設備の設置・更新・メンテナンス等を実施できます。

■仕事内容(例)

  • 住宅の電気配線
  • 小さな施設の電気設備
  • 機械設備の電気工事
  • メンテナンスと修理
  • 太陽光発電システムの設置
  • 電気暖房設備の設置
>>求人から電気工事士の仕事内容をチェックする

電気工事士の仕事内容をさらに詳しく知りたい方は、職業情報提供サイト(厚生労働省)を参考にしてみてください。


第二種電気工事士の資格試験概要

ここでは、第二種電気工事士の資格試験内容について詳しく解説します。

第二種電気工事士の試験概要
  • 試験スケジュール
  • 受験資格
  • 受験料
  • 出題内容
  • 合格率と難易度
  • 申込から免状交付までの流れ


一覧で見られるよう、資格試験の概要は下表にまとめています。
参考にしてください。

■第二種電気工事士の試験概要

項目 学科試験 技能試験
受験資格 なし
免状交付条件 なし
出題内容 電気工事の基本知識
学科試験範囲
電気工事の基本作業
候補問題
問題数 50問 1問
合格ライン 60点/100点前後 欠陥なし
合格率 約60% 約70%
受験手数料 ネット申込:9,300円
書面申込:9,600円


2024年度試験スケジュール

2024年度の第二種電気工事士試験のスケジュールは以下のとおりです。

年に2回(上期・下期)、受験するチャンスがあるため比較的挑戦しやすい国家資格です。

■2024年度版 試験スケジュール

日程 上期 下期
申込期間 2024年3月18日(月)
~2024年4月8日(月)
2024年8月19日(月)
~2024年9月5日(木)
学科試験日
(CBT方式)
2024年4月22日(月)
~2024年5月9日(木)
2024年9月20日(金)
~2024年10月7日(月)
学科試験日
(筆記方式)
2024年5月26日(日) 2024年10月27日(日)
技能試験日 2024年7月20日(土)
2024年7月21日(日)
2024年12月14日(土)
2024年12月15日(日)

参考:試験日程について(電気技術者試験センター)

■CBT方式

従来の筆記試験と違い、パソコンを使って試験を実施する方式(2023年度より導入)
試験期間内であれば、都合の良い試験日時・会場を選んで受験できるというメリットがあります。

>>CBT方式を体験する(PC推奨)



受験資格

第二種電気工事士には受験資格が設けられていません。

年齢・学歴・職歴などの制限は一切ないため、どんな方でも受験できます。

第二種電気工事士の受験資格と年齢制限」では、第二種電気工事士の受験資格・受験者の特徴をさらに詳しく解説しています。


受験手数料

第二種電気工事士の受験手数料は以下のとおりです。

■第二種電気工事士の受験手数料

申込方法 受験手数料
インターネット申込 9,300円
書面申込 9,600円

試験センターのホームページからマイページ作成を行うことで、受験申込が可能になります。

※申込期間のみ受験申込が可能
※原則はインターネット申込


出題内容

第二種電気工事士の筆記試験・技能試験の出題内容について解説します。

筆記試験の出題内容

第二種電気工事士の筆記試験では、電気の基礎・電気設備の構造など、電気工事の実施に必要な基本知識に関する問題が出題されます。

出題方式はマークシート式の四択問題(50問×2点)となっています。

■第二種電気工事士の出題内容

問題 種類 問題数
電気に関する基礎理論 計算 約5問
配電理論および配線設計 計算 約5問
電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 暗記 約7問
電気工事の施工方法 暗記 約6問
一般用電気工作物等の検査方法 暗記 約4問
配線図 暗記 約20問
一般用電気工作物等の保安に関する法令 暗記 約3問

参考:試験科目について(電気技術者試験センター)

第二種電気工事士の筆記試験における出題内容について、さらに詳しく知りたい方は「第二種電気工事士の筆記試験」をご覧ください。


技能試験の出題内容

第二種電気工事士の技能試験は、出題された単線図に従って実際に配線作業を行う方式で実施されます。

第二種電気工事士の技能試験の出題内容

例年、技能試験の候補問題は1月ごろに発表されます。

以下のページから候補問題を確認できるため、技能試験の対策として必ず確認するようにしましょう。

>>技能試験の候補問題(電気技術者試験センター)

第二種電気工事士の技能試験における出題内容について、さらに詳しく知りたい方は「第二種電気工事士の技能試験」を参考にしてください。


合格率と難易度

第二種電気工事士の筆記試験の合格率は約60%、技能試験の合格率は約70%です。

その他の国家資格と比べると、比較的に難易度が低い資格です。

参考:試験実施状況の推移(第二種電気工事士試験)

第二種電気工事士の合格率と難易度についての詳細は、「第二種電気工事士の合格率と難易度」で説明しています。


受験申込から免状交付までの流れ

第二種電気工事士の受験から免状交付までの流れは以下のとおりです。

免状交付までの流れ
  1. 受験申込
  2. 筆記試験(免除者は除く)
  3. 技能試験
  4. 合格発表
  5. 免状交付申請
  6. 免状交付


受験の申込みが完了したら、すぐに筆記試験の勉強を始めましょう。

筆記試験の合格後は、技能試験までの期間が1ヶ月半~2ヶ月程度しかないため、なるべく早く技能試験の対策を進めてください。

合格すれば、免状交付申請をして晴れて第二種電気工事士となります。

免状交付申請の方法は「第二種電気工事士の免状交付申請方法」で詳しく解説しています。


第二種電気工事士と第一種電気工事士の違い

電気工事士の資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士の2種類が存在します。

第二種電気工事士と第一種電気工事士の大きな違いは以下のとおりです。

第二種・第一種電気工事士の違い
  • 従事可能な業務範囲
  • 試験内容
  • 合格率と難易度
  • 免状交付の条件


従事可能な業務範囲

第二種電気工事士と第一種電気工事士の従事可能な業務範囲は以下のとおりです。

■第一種電気工事士との業務範囲

電気工作物の種類 第二種 第一種
一般電気工作物
自家用電気工作物
(最大電力500kW未満の需要設備の電気工事)
小規模事業用電気工作物

■一般用電気工作物
一般住宅や小規模な店舗のように、電力会社から低圧(600V以下)で受電している電気工作物

■自家用電気工作物
電気事業(一般送配電事業等)に使用する電気工作物と小規模事業用電気工作物を除く、事業用電気工作物

■小規模事業用電気工作物
経済産業省が定める出力未満かつ電力会社から低圧(600V以下)で受電している事業用電気工作物

※経済産業省が定める出力は「電気工作物の保安(経済産業省)」参照

※構外の電気工作物と「低圧電線路以外の電線路」で接続されていないものに限る

第二種電気工事士が従事できる工事範囲は、一般電気工作物と小規模事業用電気工作物のみです。
それに対し、第一種電気工事士は自家用電気工作物の工事まで実施できます。

試験内容

第二種電気工事士と第一種電気工事士の試験内容の違いは、以下のとおりです。

■試験内容の違い

資格種類 試験内容
第二種電気工事士 一般用電気工作物等に関する知識・技能
第一種電気工事士 自家用電気工作物に関する知識・技能

参考:第二種電気工事士試験概要第一種電気工事士試験概要

第二種電気工事士が一般用電気工作物等に関する問題が出題されるのに対し、第一種電気工事士は自家用電気工作物の問題を中心に出題されます。

合格率と難易度

第二種電気工事士と第一種電気工事士の合格率は以下のとおりです。

■合格率の違い

年度 第二種電気工事士 第一種電気工事士
筆記試験 技能試験 筆記試験 技能試験
2019年度 65.9% 65.3% 54.1% 64.7%
2020年度 62.1% 72.4% 52.0% 64.1%
2021年度 59.2% 72.8% 53.5% 67.0%
2022年度 56.0% 72.6% 58.2% 62.7%
2023年度 59.4% 71.1% 61.6% 60.6%
5ヶ年平均 60.5% 70.8% 55.9% 63.8%

第二種電気工事士は筆記試験が約60%、技能試験が約70%程度の合格率となっています。(5ヶ年平均)

対して第一種電気工事士は筆記試験が約55%程度、技能試験が約65%の合格率となっています。

合格率の差は5%程度ですが、第一種電気工事士と比べて第二種電気工事士の方が比較的取得しやすい資格と言えるでしょう。

第二種電気工事士と第一種電気工事士の合格率は以下の記事で解説しています。


免状交付の条件

第二種電気工事士には免状交付の条件はありません。
対して第一種電気工事士は、免状交付のために3年以上の実務経験が必要です。

■実務経験の対象工事について

対象工事は、以下を除く電気工事です。

  • 電気工事士法の定義で電気工事から除かれている「軽微な工事」
  • 電気工事士法で別の資格が必要とされている「特殊電気工事」
    (最大電力500kW未満の需要設備のネオン工事及び非常用予備発電装置工事)
  • 5万V以上で使用する架空電線路の工事
  • 保安通信設備の工事

出典:第一種電気工事士の免状交付条件(電気技術者試験センター)

「一般的な電気工事であれば実務経験の対象工事になる」という認識で問題ありません。

第一種電気工事士の免状交付について詳しく知りたい方は、「第一種電気工事士の免状取得条件」を参考にしてください。


第二種電気工事士を取得するメリット

第二種電気工事士の資格を取得することは、たくさんのメリットがあります。
主なメリットは以下のとおりです。

第二種電気工事士のメリット
  • 手に職をつけられ仕事に困らない
  • 様々な現場で活躍できる
  • 技術・経験次第で年収を上げやすい


手に職をつけられ仕事に困らない

第二種電気工事士の資格を取得することで、手に職をつけられ仕事に困らないというメリットがあります。

なぜなら、現代の生活において電気は不可欠であり、電気を扱う電気工事士の仕事がなくなることは考えにくいからです。

経済産業省が2018年に発表した「電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について」によると、第二種電気工事士の人数が減少傾向にあることがわかります。

第二種電気工事士人材の需給バランス

出典:電気保安人材の中長期的な確保に向けた課題と対応の方向性について

もちろん、資格を取得するだけで仕事に困らなくなるわけではありません。
しかし、第二種電気工事士の資格を取得することは、将来食いっぱぐれないための選択肢のひとつとなるでしょう。

>>電気工事士の求人をチェックする

様々な現場で活躍できる

第二種電気工事士の資格を取得することで、様々な現場で活躍できるというメリットがあります。

第二種電気工事士の資格は、建設工事の現場以外にも以下のような場所で求められています。

■建設工事以外の現場(例)

  • 工場の点検・保守メンテナンス
  • 防犯カメラの設置工事
  • ネット回線・電話回線の設置
>>電気工事士の求人をチェックする

第二種電気工事士の工場での仕事については、「工場内での電気工事士の仕事内容」で詳しく解説しています。

第二種電気工事士の将来性・需要がある現場については、「電気工事士の需要について」で詳しく解説しています。
参考にしてみてください。



技術・経験次第で年収を上げやすい

第二種電気工事士は、技術・経験次第で年収を上げやすい職業です。

電気工事は専門的な技術・経験が求められる仕事であり、その技術や経験が年収に反映されやすいからです。

以下の表は未経験者と経験者の年収の一例です。

■未経験者と経験者の年収例

経験の有無 年収例
未経験 330万円
経験者 3年目 420万円
5年目 500万円
10年目 720万円

>>求人から経験別の年収をチェックする

会社や事業内容にもよりますが、電気工事士は技術・経験を高めることで年収アップがしやすい職業と言えます。



第二種電気工事士の勉強方法

第二種電気工事士の筆記試験と技能試験について、おすすめの勉強方法と練習方法を解説します。

筆記試験の勉強方法

筆記試験の勉強方法とコツは以下のとおりです。

■筆記試験の勉強方法

  • 優先順位をつけて勉強する
  • 過去問を繰り返し解く

下表のとおり、第二種電気工事士の筆記試験は、大きく計算問題と暗記問題に分けられます。

■第二種電気工事士の出題内容

問題 種類 問題数
電気に関する基礎理論 計算 約5問
配電理論および配線設計 計算 約5問
電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具 暗記 約7問
電気工事の施工方法 暗記 約6問
一般用電気工作物等の検査方法 暗記 約4問
配線図 暗記 約20問
一般用電気工作物等の保安に関する法令 暗記 約3問

暗記問題が大部分の配点を占めているため、暗記問題を優先的に勉強することをおすすめします。

また、過去問を繰り返し解くことで、問題の傾向と流れを理解することができます。
テキストでの学習と並行してなるべく早く過去問に着手しましょう。

筆記試験の勉強方法については、「第二種電気工事士の勉強方法」で詳しく解説しています。

テキストでの学習と並行して、工事士.comで公開している第二種電気工事士の過去問クイズも活用してみてください。

スキマ時間を効率よく利用して、試験合格を目指しましょう!

技能試験の練習方法

技能試験の練習方法の流れは以下のとおりです。

■技能試験の練習方法

  • 複線図の書き方をマスターする
  • 基本作業をスムーズにできるようになる
  • 候補問題を反復練習する

まずは複線図の書き方をマスターしましょう。

単線図から複線図にする際のミスは命取りになるからです。

いくらきれいに制作物を完成させたとしても、複線図のミスにより回路が間違っていれば不合格になってしまいます。

電気技術者試験センターで公表されている過去の技能試験問題を活用し、複線図を書く練習を行ってください。

複線図の書き方については、「複線図解説 初級編1 第二種電気工事士試験(You Tube)」が参考になります。


次に、電気工事に必要な基本作業をスムーズにできるよう練習しましょう。

基本作業がうまくなると作業スピードがアップし、技能試験時の余裕に繋がります。

■基本作業

  • ケーブル類の剥き取り
  • 機器の接続・結線
  • 器具取付
  • スリーブの圧着等

最後に、毎年1月頃に発表される技能試験の候補問題(電気技術者試験センター)を練習しましょう。
候補問題(約13問)を最低2回以上実施するのがおすすめです。

より詳しい技能試験の練習方法については、「第二種電気工事士の技能試験対策」で解説しています。



第二種電気工事士の勉強時間

第二種電気工事士の合格に必要な勉強時間の目安は、以下のとおりです。

■第二種電気工事士の勉強時間

勉強時間
筆記試験 約30~80時間
技能試験 約20時間
筆記・技能合計 約50~100時間

電気に関する知識の有無にもよりますが、筆記試験と技能試験を合わせても約50~100時間程度の勉強時間で合格できる資格です。

第二種電気工事士の勉強時間について詳しく知りたい方は「第二種電気工事士の合格に必要な勉強時間」を参考にしてみてください。


電気工事士の平均年収

電気工事士の平均年収は400万円~500万円となっています。

参考:令和4年賃金構造基本統計調査 - 厚生労働省

工事士.comは電気工事士専門の求人サイトであり、これまでに3,000社以上の求人情報を掲載してきました。

その掲載実績からも、400万円~500万円が一般的な相場と言えます。

>>電気工事士の年収をチェックする

電気工事士の年収に関するさらに詳しい情報については、「電気工事士の平均年収」で解説しています。

年代・実務経験・会社による賃金の違いについても取り上げています。 ぜひ参考にしてみてください。



第二種電気工事士の給料アップ方法

第二種電気工事士が給料をアップさせるためには以下の方法がおすすめです。

給料アップ方法
  • 経験を積んで技術を身につける
  • 工事の種類や現場を変える
  • 実務で使える上位資格を取得する
  • 働く会社を変える


経験を積んで専門性の高いスキルを身につけることで、会社にとってなくてはならない存在になり、給料アップの可能性が高まります。

また、電気工事の実務で使える他の上位資格を取得することで、社内の評価アップに加え転職がしやすくなります。
また、電気工事士として独立する道も切り開くことができます。

同じ仕事内容であっても、働く会社によって給料は大きく差が出ます。

年収を上げたいと考えている人は、他の電気工事会社の求人情報をチェックしておきましょう。

>>電気工事士の年収をチェックする

第二種電気工事士が給料アップさせるための詳しい情報は、「電気工事士の年収アップ方法」で解説しています。



まとめ

この記事では、以下について解説しました。

この記事の内容
  • 第二種電気工事ができること・仕事内容
  • 第二種電気工事士の資格試験概要
  • 第一種電気工事士との違い
  • 第二種電気工事士のメリット
  • 第二種電気工事士の勉強方法と勉強時間
  • 第二種電気工事士の年収と給料アップ方法

第二種電気工事士は、一般・小規模事業用電気工作物の電気工事を行うために必要な国家資格です。

第二種電気工事士の資格を取得することで、電気工事士として働くことが可能になります。

手に職をつけて安定した職業に就きたい方にはおすすめの資格です。

工事士.comでは、電気工事士の求人を多数掲載しています。

登録不要で求人を閲覧できるため、気になる方はぜひ第二種電気工事士の求人をチェックしてください!

\ 第二種電気工事士の年収をチェックする /

第二種電気工事士の求人をさがす

※登録不要で求人を探せます

第二種電気工事士の求人を探す

第二種電気工事士の求人一覧

その他の条件で電気工事士の求人を探す

資格試験スケジュールカレンダー