【工事担任者】AI・DD総合種は合格率20%台で難易度高めな試験

資格  試験  対策 

目次

工事担任者AI・DD総合種を受験しようと思っている方!または受験するか迷っている方!


これから受験予定の方の中には「いつから勉強始めようかな」「どのテキストが良いかな」 と考え始めている方もいるのではないでしょうか?

この記事ではAI・DD総合種の難易度や合格率、試験勉強のコツ、試験情報などをご紹介します。

実際にAI・DD総合種の試験を受験して合格した方のコメントなども載せているので、是非ご参考にしていただければ嬉しいです!



AI・DD総合種の難易度・合格率

AI・DD総合種の資格は、工事担任者として全ての工事に対応できるので、 電気通信工事業界の中では非常に評価の高い資格です。

AI・DD総合種の試験に受験資格は無いので、幅広い世代に人気があります。 いざ試験を受けようと思ったとき、試験の難易度や合格率が気になる方も多いことでしょう。

AI・DD総合種の試験がどれくらい難しいのか』をあらかじめ知っておくと、 勉強期間の目安の検討がつけやすくなったり、効率の良い勉強を見つけ出せたりします。


まずはAI・DD総合種の試験の合格率を一緒に確認していきましょう 。



AI・DD総合種の合格率を色んな角度から比較!

工事担任者の試験は、年に2回、各都道府県で行われています。 下記のグラフは、平成28年度第1回目~平成30年度第1回目までの、 計5回の【AI・DD総合種試験 合格率の推移】をまとめたものです。



これまでの試験(過去5回分)の平均合格率は、21.76%です。 合格率が約20%というのは、「10人が受けて2人しか受からない試験」と言い換えられます。 第ニ種電気工事士の合格率は約40%~50%台なので、 第ニ種電気工事士と比較すると、AI・DD総合種は難易度の高い試験と言えそうです。



続いては、AI・DD総合種、AI第1種、DD第1種の、それぞれの合格率を比較してみましょう。 下記のグラフは、AI・DD総合種、AI第1種、DD第1種の合格率を比較したものです。


AI・DD総合種は工事担任者の最上位の資格なので、一番難易度が高いというイメージが付いており、 「まずはAI・DD総合種よりも簡単そうな、AI第1種・DD第1種から取ろう」という人が結構いるようです。


しかし上記のグラフを見ると、合格率の平均は、AI・DD総合種、AI第1種、DD第1種のどれもが20%台。少々差はありますが、合格率の平均だけで見たら、さほど変わらないという事が言えるでしょう。



AI・DD総合種の出題範囲から見た難易度

工事担任者の試験は
電気通信技術の基礎
端末設備の接続のための技術・理論
端末設備の接続に関する法規
の3つの試験科目で構成されています。

各科目とも100点満点中60点以上での合格となっており、3科目中1科目でも60点を下回っていた場合は不合格となってしまいます。(例:基礎70点/技術・理論45点/法規80点の場合は不合格)AI・DD総合種の詳しい出題範囲と試験概要は下記の通りです。


【試験概要】

◎出題方式:マークシート方式
◎合格基準:各科目100点満中60点以上で合格
◎試験時間:『基礎』40分、『技術・理論』80分、『法規』40分・・・・計160分
※時間内での各科目の時間配分は自由


【AI・DD総合種の出題範囲】

★『電気通信技術の基礎』
出題項目:電気工学の基礎・電気通信の基礎


★『端末設備の接続のための技術・理論』
出題項目:端末設備の技術・総合デジタル通信の技術・接続工事の技術・トラヒック理論・ネットワークの技術・情報セキュリティの技術


★『端末設備の接続に関する法規』
出題項目:電気通信工事業法及びこれに基づく命令・有線電気通信法及びこれに基づく命令・不正アクセス行為の禁止等に関する法律・電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令


※より詳しい出題範囲を知りたい方は、電気通信国家試験センターHP 19.試験科目と出題範囲をご参照ください。


試験の出題範囲を注目して見たところ「基礎」「法規」の2科目は、AI・DD総合種、AI第1種、DD第1種のどれも出題範囲は同じでした。 「技術・理論」のみ、AI第1種・DD第1種に比べてAI・DD総合種の方が、出題範囲が広いという事が分かりました。




「1種の資格から取っていくべきか?それとも、AI・DD総合種を狙うべきか?」迷っている方!試験の合格率・出題範囲ともに、それぞれ大差は見られないので、ぜひ、思い切ってAI・DD総合種の資格取得にチャレンジするのもアリだと思いますよ!また別の記事でも、工事担任者の難易度や合格率を比較していますので、そちらもご覧になってみてください。



AI・DD総合種の試験では、「技術・理論」の試験科目が最大の難敵

AI・DD総合種の試験では、出題範囲の広い、「技術・理論」の科目をいかに攻略できるかが合格を目指す上でのポイントになってくると思います。 実際に受験した人からは、「技術だけ何でこんなに範囲広いの・・・」「試験まで果たして間に合うのか…」 「3科目受験して技術・理論だけ落ちた・・・」との声も上がっているくらいです。


AI・DD総合種の技術・理論の科目には、AI第1種とDD第1種の全ての出題範囲が含まれているので、2分野分の勉強量が必要という事になります。 膨大な出題範囲を攻略していくには勉強時間をどう確保するか・どんな方法で勉強を進めていくかの計画を立てることが大事です。 多くの人はテキストと問題集を購入して、何回も繰り返し過去問を解いていくといった勉強法を行っているようです。 また受験者の方の中には「科目免除制度を利用した」という人や「受験回数を分けて1年かけて資格をとった」という人もいました。


例)科目免除制度を利用した人のパターン
DD第2種を持っていたので、AI・DD総合種の「基礎」が免除
⇒「法規」と「技術・理論」のみを受験(技術・理論に勉強時間を沢山使った)


例)受験回数を分けて1年かけて資格をとった人のパターン
2017年の5月の試験でAI・DD総合種の「基礎」「法規」が合格
⇒2017年11月の試験で「基礎」「法規」が科目免除になるので、
「技術・理論」だけを受験(技術・理論に勉強時間を沢山使った)


AI・DD総合種の受験者数の中で一番多いのは、3科目全てを受験している人ですが、 上記のように科目免除制度を使ったり、試験を数回に分けて資格を取るという人も多いようです。 「技術・理論」は専門テキストも販売されているので、ぜひ書店などでチェックしてみてください!


AI・DD総合種の勉強方法・勉強時間

AI・DD総合種の資格保持者が教える勉強のコツ

資格を取ろうと思った時、必ず立ちはだかるのが『試験勉強』の壁です。 「勉強方法が分からない」「どれくらい勉強すればいいんだろう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


今回はAI・DD総合種の資格を持っている方数名に、 試験当日までどのように勉強したか・どこを重点的に勉強したか・勉強時間はどうやって作ったのか等をお聞きしましたので、ご紹介いたします。


【インターネット接続のエンジニア:42歳(男性)】
わたしがAI・DD総合種の資格を取ったのは2016年の11月です。仕事をする上で必要になったので資格を取りました。試験本番までは約5ヶ月程度の期間があったので、まずは試験日までの勉強スケジュールを組みました。先に資格を取得していた友人に「どの辺を勉強したらいいの?」と訊いたところ、計算問題のある「基礎」と出題範囲の広い「技術・理論」に時間をかけたほうがいいよとアドバイスを貰ったので、最初の3ヶ月間くらいは「基礎」と「法規」にたっぷり時間を使いました。


買ったテキストはリックテレコムが出版している技術・理論の専門テキスト1冊、標準テキスト1冊、実践問題集の計3冊。基本的に、まず実践問題を一通り解いてみて、分からない単語はテキストを辞書代わりに使って調べる事を3回くらい繰り返しました。さすがに同じ問題を何回も解いていると答えを暗記してすぐ解けてしまうので、過去問集を追加購入して、そちらと交互に問題を解くようにしていました。試験までは5ヶ月間という猶予があったので、焦ることなく、仕事から帰って来てからの2時間くらいと土・日合わせて5時間くらいで余裕をもって勉強することが出来ました。


試験当日は、実践問題集や過去問集で解いた問題と似ている問題がたくさん出題されたので「やっぱ過去問やっておいてよかった」と一安心。無事、試験に合格してAI・DD総合種をGETすることが出来ました。



【電話工事会社社員:24歳(男性)】
自分は以前、AI第1種の試験を受けて合格していたので、AI・DD総合種を受験する際は「基礎」を科目免除することができ、「技術・理論」と「法規」の2科目だけを受験することになりました。法規の出題範囲はAI第1種の時と同じなので、以前購入した時のテキストで代用し、「技術・理論」の専門テキストと過去問集を買って勉強しました。いつも仕事で帰りが遅いので平日は特に勉強せずに、土・日にミッチリ勉強していた感じです。でも仕事の休憩中とか弁当食べているときは、たまにテキストを開いたりして法律とかの暗記を頑張っていました。


ネットで調べて「技術・理論」が一番難しいと分かったので、試験本番までは「技術・理論」7:「法規」3程度の割合で進めていました。その甲斐もあってか、試験では「技術・理論」が80点越えで「法規」は60点台のギリギリ合格。「技術・理論」に時間を使ったことが勝因だと思います。



【電気通信工事会社社員:52歳(男性)】
わたしは昔、アナログ・デジタル総合種の資格を取って現場で働いていたのですが、AI・DD総合種に切り替わったので、また再受験することになりました。アナログ・デジタル総合種を持っていると「基礎」と「法規」は免除になるので、「技術・理論」だけの受験です。古い資格を持っているという事もあって前提知識はある方だったので、とりあえず「技術・理論」の専門テキスト実践問題集を買って1ヶ月前から勉強を始めました。


問題集を開くと見たことの無い新しい問題もあって、結構手こずりましたが、テキストを行ったり来たりして問題集と交互に見ながら覚えていったという感じです。昔、アナログ・デジタル総合種を勉強した時に覚えたことも一緒に再確認できて、いい機会になったなと思っています。いつ勉強したかと言うと、朝です。いつも5時に目が覚めるので、会社に行く前のちょっとした時間にご飯を食べながら勉強していました。


いかがでしたでしょうか?それぞれの試験科目にどれくらい時間を費やすのかという点も、勉強する上のポイントになってくると思います。資格保持者の方の話を聞いている中でも特に話題に上がったのが、「技術・理論」科目の事でした。やはりAI・DD総合種の試験では「技術・理論」科目がキモになっているようですね。



AI・DD総合種のおすすめテキストBEST3

最後に、勉強する上で使用する、テキストや問題集についてお話したいと思います。工事担任者のテキストや問題集は、電気工事士等と比較すると種類は少ないです。しかし、「どのテキストが良いのが分からない」「色々あって迷ってしまう」という声もたびたび耳にします。そこで、ネットでの口コミや情報をもとにAI・DD総合種のおすすめテキストをご紹介しますので、ぜひ、試験勉強の際に参考にしてください。



【AI・DD総合種のおすすめテキスト】

(1)AI・DD総合種 標準テキスト (リックテレコム出版)
このテキストのメリットは、合格に必要な情報が十分に載っているという点です。試験に出題される項目はほとんど網羅されているので安心です。また図や表などで分かりやすい解説もあるので理解しやすい内容になっていると思います。ただ、情報量がたくさんあるのですべてを暗記するのは難しいかもしれません。問題集とセットで分からない点を辞書代わりにして使用するのがオススメです。


(2)AI・DD総合種 実践問題(春・秋) (電気通信工事担任者の会:監修 リックテレコム:編集)
この問題集の良い点は、各科目ごとに出題の分析ページが設けられている事です。出題傾向に即した問題がたくさん記載されているので、本番までしっかり知識を身に付けられるといった内容になっていると思います。問題集を繰り返し解くことで理解力もより深まることでしょう。問題文に分からない単語があった場合はテキストで調べながら解いていくと効率よく覚えられると思いますよ!


(3)AI・DD総合種 [技術・理論] (リックテレコム出版)
このテキストは、AI・DD総合種の「技術・理論」の科目に特化した専門テキストです。既にAI・DD総合種を取得している方の中でも、このテキストを利用したという方がたくさんいらっしゃいました。「最近の問題にもマッチしていて使いやすい」「図があってとても分かりやすい」といった声も上がっており、大変好評のテキストです。



AI・DD総合種の資格取得は「科目免除制度」が有効的

試験勉強を始める前に、まずは免除できる科目を探して!

続いてはAI・DD総合種の科目免除について見ていきましょう。


電気通信国家試験センター 電気通信工事担任者試験統計情報によると、科目免除制度を利用している人は、全体の受験者の約40%を占めているという事が分かりました。先程も科目免除制度を利用した人のパターンをお伝えしましたが、やはり科目免除制度をうまく活用しながら取得している人が多いようですね。AI・DD総合種を受験する際は、試験勉強を始めてから科目免除制度の存在に気付いてしまっては遅いので、効率よく資格を取得する為にも、まずは免除できる科目が無いかを探しておきましょう。



AI・DD総合種の免除内容を確認

AI・DD総合種の免除内容は下記の通りになっています。

▽【科目合格による免除】

下記の表は合格している科目がある場合に、次の試験で免除される科目を表しています。 AI第1種・第2種、DD第1種・第2種の「基礎」を科目合格している人は、AI・DD総合種の「基礎」を免除することが出来ます。


   
【科目合格による免除】
合格している科目 免除される試験科目
AI第1種(基礎)・AI第2種(基礎)基礎
DD第1種(基礎)・DD第2種(基礎)


▽【資格による免除】

下記の表は合格している資格がある場合に、次の試験で免除される科目を表しています。 AI第1種・第2種、DD第1種・第2種、アナログ第1種・第2種、デジタル第1種・第2種の資格をお持ちの方はAI・DD総合種の「基礎」を免除することが出来ます。 アナログ・デジタル総合種の資格をお持ちの方は、AI・DD総合種の「基礎」と「法規」を免除することが出来ます。


     
【資格による免除】
合格している資格 免除される試験科目
AI第1種・第2種基礎
DD第1種・第2種
アナログ第1種・第2種
デジタル第1種・第2種
アナログ・デジタル総合種基礎・法規


▽【実務経歴による免除】

下記の実務経歴がある場合、
AI・DD総合種の「基礎」又は「法規」を免除することが出来ます。


『端末設備などを接続する為の工事に1年以上』
⇒ 免除科目:基礎
(注)対象者はAI第3種、DD第3種、アナログ第3種、又はデジタル第3種の資格を取得している方に限ります。


『端末設備などを接続する為の工事に2年以上』
⇒ 免除科目:基礎


『アナログ伝送路設備に端末設備などを接続するための工事(電気通信回線の数が51以上のものに限る)及び、総合デジタル通信設備に端末設備などを接続するための工事(総合デジタル通信回線数の数が毎秒64キロビット換算で51以上のものに限る)並びにデジタル伝送路設備に端末設備などを接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒100メガビットを超えるものに限る)にそれぞれ3年以上』
⇒ 免除科目:基礎、技術・理論



▽【その他の資格による免除】

下記の表は保有している資格がある場合に、次の試験で免除される科目を表しています。
◎ 電気主任技術者の資格をお持ちの方は、AI・DD総合種の「基礎」と「法規」を免除することが出来ます。
◎ 無線従事者(下記のいずれか)の資格をお持ちの方は、AI・DD総合種の「基礎」を免除することが出来ます。

     
【その他の資格による免除】
保有している資格 免除される試験科目
電気主任技術者基礎・法規
第1級・第2級総合無線通信士 基礎
第1級・第2級海上無線通信士
第1級・第2級陸上無線技術士


▽【認定学校修了者に対する免除】

この免除制度は、総務大臣が認定した学校で、教育課程を修了した人が試験を受験する際に、『基礎』の科目を免除できる制度です。 認定学校とは、電気通信に関する教育課程を設置している高等学校、専門学校および大学などの申請により、 総務大臣が認定した教育施設のことを言います。


認定校に関しては、電気通信国家試験センター 認定校検索でご確認ください。



▽【全科目免除】

科目合格・資格・実務経歴・認定学校修了の免除制度を利用して、
『基礎』、『技術・理論』、『法規』の3科目全てを免除できる制度です。


全科目を免除申請できる時のパターン例
◎AI第1種+DD第1種
◎アナログ・デジタル総合種+DD第1種
◎AI・DD総合種の「法規」のみ合格+AI・DD総合種の実務経歴3年以上
◎AI・DD総合種の「技術・理論」のみ合格+電気主任技術者の資格


今回はAI・DD総合種の科目免除のみをお伝えしましたが、AI・DD総合種以外の資格の免除内容や免除申請の仕方についてもっと詳しく知りたいという方は、 「見て分かる!読んで分かる!【工事担任者】の免除制度」をぜひご参照ください。




工事担任者試験の概要

資格取得は年2回チャンスあり!試験日程はこちら

工事担任者の試験は年に2回(5月・11月頃)、各都道府県で行われています。


※その他、試験の案内については電気通信国家試験センターHPをご参照ください。



試験の手続き方法

試験の手続き方法には『申請書による申し込み』と『インターネットによる申し込み』の2種類があります。


【申請書による申し込み】
申請書を取り寄せる⇒申請者本人が申請書へ記入⇒郵便局の窓口で試験手数料を払込み⇒申請書を郵送


【申請書による申し込み】
電気通信国家試験センターのHPにアクセスする(申込画面への入力)⇒HPで申請申し込み(手順に沿って申請者本人が必要事項を入力) ⇒入力完了後、完了画面を印刷しておく。入力完了後、メールアドレスに受付完了メール(申請受付番号などのお知らせが届きます。)


※受験票は試験日の2週間前までに発送されます。
※受験費用は8,700円(全科目免除申請をされる方は5,600円)



まとめ

今回の記事はAI・DD総合種についてお伝えしてきました。資格の難易度は20%台なので、決して簡単に合格できる資格であるとは言えませんが、受験する上でのポイントや勉強のコツを押さえておけば、一発合格も狙える資格です。今後、AI・DD総合種の受験を考えている方は、是非この記事で得た情報を資格取得に役立ててください。

資格試験スケジュールカレンダー