電気工事施工管理技士の仕事内容|1日の流れと仕事のやりがい

現場  転職・就職  活躍  職場環境  仕事内容 

目次

電気工事施工管理技士は、さまざまな電気設備(照明・変電設備・送電設備・信号・配線など)の 電気工事現場で、現場の施工管理をおこなう人のことをいいます。


「施工管理」とひとことで言っても、 その業務内容は多岐に渡り、工事の進捗管理から工事予算の管理、業者の手配などさまざまです。 今回の記事では、電気工事施工管理技士の詳しい仕事内容や仕事のやりがいについてお伝えしていきます。


電気工事施工管理技士の仕事は覚えることも多く、責任の大きなポジションですが、 需要のある職種ですので、是非、この記事を読んで電気工事施工管理技士の魅力を感じていただけたらうれしいです。



電気工事施工管理技士とは

電気工事施工管理技士の役割は、さまざまな電気工事の現場で 工事がスムーズに進みやすくなるように、安全面・予算面などの多方面から現場を管理することです。


また、電気工事現場で施工管理をおこなう人のための、『1級電気工事施工管理技士』、 『2級電気工事施工管理技士』という資格もあります。



「資格がないと、電気工事施工管理技士になれないのでは…?」

そんな疑問を持つ方もいると思いますが、必ず資格を持っていないと施工管理の仕事ができないという訳ではありません。


実際に、無資格で施工管理の仕事に携わっている人はたくさんいますし、 未経験からでも、電気工事施工管理技士を目指していくことも可能です!


ですが、電気工事施工管理技士の資格を持っていることによって、 責任あるポジションを任されたり、場合によっては資格手当などで給与がアップする可能性もあります。 そのため、もし無資格で電気工事施工管理技士になったとしても、将来的には資格を取ることをオススメします。



電気工事施工管理技士「1級」と「2級」の違い

電気工事施工管理技士の資格は、1級を持っているか、2級を持っているかによって、任せられる工事の規模も異なります。 そこでここでは、1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の違いについてお伝えしていきます。



1級電気工事施工管理技士

1級電気工事施工管理技士は、現場ごとに置かなければならない主任技術者や、 一般建設業・特定建設業の営業所ごとに置かなければならない専任技術者になることが出来ます。


また、1級電気工事施工管理技士は、「監理技術者」という資格の申請もすることが可能です。



2級電気工事施工管理技士

2級電気工事施工管理技士は、現場ごとに置かなければならない主任技術者や、 一般建設業の営業所ごとに置かなければならない専任技術者になることが出来ます。 (特定建設業の営業所に置く専任技術者にはなれません)




まとめると…

1級電気工事施工管理技士のほうが、2級電気工事施工管理技士よりも、 より大規模な電気工事現場の施工管理をおこなうことができます。


1級2級
現場ごとに置く主任技術者
一般建設業の営業所ごとに置く専任技術者
特定建設業の営業所ごとに置く専任技術者×
監理技術者の資格申請×

※一般建設業と特定建設業
発注者から直接請け負った1件の工事代金について、4,000万円(建築工事業の場合は6,000万円)以上となる下請契約を締結する場合は、 特定建設業の許可が必要。(それ以外は一般建設業の許可で差し支えありません)

引用:「国土交通省ホームページ 建設業の許可とは」より


電気工事施工管理技士の具体的な仕事内容

ここからは、電気工事施工管理技士が実際におこなう具体的な仕事内容についてお伝えしていきます。 当サイト工事士.comに掲載していた電気工事施工管理技士募集の求人情報も参考にしているので、 よりリアルな仕事内容が伝わると思います。



電気工事施工管理技士の「4大管理」とは?

電気工事施工管理技士の仕事は、電気工事の現場において現場全体の管理をおこなう事ですが、 施工管理者の仕事内容を、代表的に「4大管理」と呼ぶことがあります。



【4大管理とは】

(1)工程管理
工事が納期まで完成するように、作業のスケジュールを管理すること。

(2)品質管理
求められている品質や、地方自治体によって定められた品質基準に沿ったものが作れるように管理すること。

(3)原価管理
あらかじめ決めた予算内で工事が完成させられるように、資材の発注や原価の管理をすること。

(4)安全管理
現場に携わる作業員が事故無く、安全に工事を終えられるように、安全面を管理すること。

引用 : 「施工管理の仕事内容を詳しく知りたい!資格、やりがい、需要は?」より



上記の4大管理のほか、工事の発注者や現場監督等と一緒に 工事の打ち合わせをしたり、工事書類の作成をしたりといったデスクワークなどの業務もあります。


責任者として現場全体の動きを把握しなくてはいけないので、工事発注者や作業員、資材屋、設計者・・・多方面の人間との 関わりも多く、電気工事施工管理技士になるにはコミュニケーション力や臨機応変に対応できる力が必要だと言えるでしょう。



具体的な仕事内容と1日の流れ

電気工事施工管理技士はおもに、以下のような電気工事現場の管理をおこなうことが多いです。


照明設備工事/変電設備工事/発電設備工事/送電線工事 構内電気設備工事/非常用電源設備工事/鉄道電気設備工事/信号機設備工事 など


さらに電気工事施工管理技士の仕事内容のイメージが伝わりやすくなるように、 1日の仕事の流れもまとめてみたので是非参考にしてください。




【 〇〇株式会社 】

【現場】
学校や市役所など

【仕事内容】
新築工事・改修工事に伴う電気設備工事の管理


【1日の流れ(一例)】
8時~8時30分:出社
出社後は社内で朝礼をし、その後現場へ移動

(午前の作業)
・工事発注者との打ち合わせ、現場調査
・作業員の安全管理や、作業の工程管理
⇒作業終了後、帰社/昼食と昼休憩

(午後の作業)
・申請書類の作成、申請
・電気工事の施工図面作成
・工事の見積もり作業
・下請け業者の選定、工事工程の確認、翌日の作業内容の指示 等

18時~19時:帰宅




【 △△株式会社 】

【現場】 オフィスビルや商業施設など

【仕事内容】
上記の建設工事における電気工事の施工管理


【1日の流れ(一例)】
7時30分:出社
8時:朝礼
8時30分:ミーティング後、現場の巡回
(午後まで、工事の進捗状況の確認・安全管理・現場打ち合わせ)

12時:昼食・休憩
13時~16時:他職との打ち合わせ、施工図の作成
⇒現場での業務終了後、帰社

~17時:工事資料の作成、見積もり作成など
⇒キリの良いところで終了し、帰宅



電気工事施工管理技士のやりがい

最後に、電気工事施工管理技士の仕事のやりがいについてお伝えしていきます。


実際に現役で電気工事施工管理技士としてご活躍されている方にお伺いした内容を参考にしているので、 「将来、電気工事施工管理技士として働きたい!」という気持ちを持っている方は必見です!



形に残る喜び

施工管理職は、自らが直接手を動かして電気工事をするわけではないので、やりがいは少ないと思われがち。 でも、建物を建設する初めの段階から、電気が灯る最後の時まで、全ての工程に携わることができるんです。


新築現場にしても改修現場にしても、自分が携わった現場は全部思い入れのある現場だし、 これからもずっとその場所に形としてあり続けることが、何よりうれしいです。

(40代男性)



人とのつながり

現場には電気工事屋以外にも、色々な専門業者が立ち入ります。 その業者さんと一緒に打ち合わせをしたり、別の現場でたまたま顔を合わせたりするときに、 「この仕事は横のつながりが大事」といつも思いますね。


もちろん、現場作業員と管理者とのつながりも大切で、現場を円滑に動かすには普段からコミュニケーションをこまめにとらなくてはいけません。 現場の中での人間関係をうまく作っていくと、工事が終わったあとの『お疲れビール』がより旨く感じますよ。

(60代男性)



完成した時の達成感

電気工事会社に就職して、最初は電工として実際に現場で手を動かしていたんですが、去年から現場管理のほうを担当するようになりました。


初めての現場は、保育園の新築工事の管理。電気設備の図面を書いたり、職人さんに指示を出したり…。 ほかにも、予算を見積もったりや書類をつくったり、正直、頭の中がパンクしそうになるくらい忙しかったです。


でも保育園が無事に完成したときは、あの時の忙しさを忘れるくらいの達成感を感じました。 きっと、これから先も大変な思いはするけれど、その分だけ、かなりの達成感も味わっていけるんだろうな思います。

(20代男性)



まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は電気工事施工管理技士の仕事内容や仕事のやりがいについてお伝えしてきました。 この記事を読んで、電気工事施工管理技士の具体的な仕事内容のイメージは湧いたでしょうか?


これまでお伝えしてきた通り、電気工事施工管理技士は業務の幅が広く、責任のある職業です。 しかし、大変な分だけ感じられる『やりがい』は、とても大きなものだと思います。 電気工事施工管理技士の仕事に興味があるという方は、ぜひこの記事で得た情報を参考にしていただければうれしいです。

資格試験スケジュールカレンダー