忙しくて、面接の時間が作れなそうです。

応募編 

目次

現職での仕事などが忙しくて、面接の時間が作れない状況。 工事状況に左右される、この業界では、ありますよね。 そんな時にできる対策をいくつかお伝えしたいと思います。



忙しく、日程が合わせづらいことを、企業に伝える。

気になる求人に応募する時に、現在の状況を一緒に伝えましょう。

「現在勤めている会社の状況で、●●曜日は、伺うことができません。(●曜日●時のみ、面接可能です)」 「工事の予定が埋まっており、●月●日までは、面接に伺いそうにありません」

など。


その上で、面接可能な日程が、特定の曜日・時間帯である場合には、まずはその日程で可能かどうか打診してみましょう。

●月●日以降まで埋まっているような場合には、それ以降での面接を希望する旨を伝えてください。



電話(メール)での簡易面接(面談)を依頼する

「面接に行く時間は、平日も土日もない!いつ行けるかも分からない!けど、気になる求人に早く応募したい!」そんな状況もあるかもしれません。

この場合も、まずは応募する時に、自身の状況を伝えましょう。その上で、「日程が分かり次第、日程を調整させて頂けますか」とお願いしても良いです。


あるいは、「電話やメールで質問に応えるなど、簡易的な面接として対応することも可能です。」と伝える方法もあります。 企業の採用担当者としては、応募者の方とはなるべく早く会う、もしくは話して「どんな人なのか」を知りたいという気持ちがあるものです。

面接で会えることが最善ではあるものの、難しい場合は、電話で話すことも代替案としてあります。


また、応募者した側からすると、「忙しい状況」 「求人に応募した理由・興味を持った点」 「これまでの経験」などを、メールよりも口頭の方が、より伝えやすいというメリットがあります。 気になっていることを質問させてもらってもいいと思います。




まとめ

基本的に、現在の状況と希望を伝える。をして頂くことが良いと思います。


1つだけ注意点としては、希望のみを書き過ぎないように、状況の説明や 「企業に興味を持っていること」「企業への入社を前向きに考えていること」も併せて丁寧に伝えるようにしましょう。

資格試験スケジュールカレンダー