履歴書は手書きとパソコン、どちらがいいですか?

書類作成編 

目次

この記事では「履歴書は、手書きとパソコン、どちらがいいか?」 「どちらの方が選考で有利か?」という疑問に答えていきます。


どちらにしても、選考での有利・不利はありません。

「履歴書は、必ず所定の書式を購入して、手書きで作成して・・・」という慣習が以前はありましたが、 今では、パソコンで作成してプリントアウトする方法が、一般化しています。


履歴書には、学歴・職歴や資格にはじまり、趣味・特技などの情報を載せます。 「どんな経験をしてきのか。どんな人柄なのか。」を伝えるためにありますので、 手書きかパソコンかよりも、「どんな人物かをしっかり伝える」ことの方が重要です。


手書きとパソコンの違いを挙げるとすると、以下のことがあります。
特別な理由がなければ、パソコンでの作成の方が、利便性は高いです。



・手書きは、人柄や個性が伝わる。(必ずではなく、可能性がある)
・手書きは、書き直しなどにより、作成に時間がかかる場合がある。
・手書きは、文字が読みづらい場合がある。
・手書きは、比較的歴史が長い企業から好まれる場合がある(企業毎に異なります)
・パソコンは、(字が丁寧かどうかに関わらず)文字が読みやすい。
・パソコンは、一度作成したら、他企業でもすぐ利用できる。
・パソコンは、求人サイトなどのへの転用がしやすい。



ここまでを踏まえて最後に、手書き、パソコン、それぞれに合っている方も挙げておきます。 あくまで例として、参考にしてください。


▽手書きが合っている方

・字を丁寧に書くことに自信がある方
・字が得意なので、アピールしたい方
・パソコンが苦手、時間がかかる方


▽パソコンが合っている方

・複数の企業に履歴書を提出したい方
・パソコン作成に抵抗がない方
・修正や加筆をして改善していきたい方
・字を読みやすく書くのが苦手な方




(補足)
ただし、「履歴書は直筆で・・・」などの指定がある場合は、そちらに合わせましょう。

資格試験スケジュールカレンダー