電気工事士に必要な資格|資格の範囲と取得方法

電気工事士  資格  試験 

目次

電気工事士の仕事に興味を持っているあなた。 電気工事士は将来的にも需要が安定しており、 「手に職を付けたい」とお考えの方にピッタリの職業です。


電気工事士って、良いかも!と思ったとき…

「電気工事士になるために必要な資格ってあるのかな?」「資格を取ったらどんなメリットがあるんだろう…」

と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そこでこの記事では、電気工事士の資格の説明や、資格の取得方法、 試験の合格率などを具体的にお伝えしていこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。



電気工事士になるには…

まず初めに「電気工事士になるには資格は必要?」という質問に答えるなら、 答えはNoです。実は、資格を持っていなくても電気の仕事に携わることはできます。


実際に当サイトが運営している『工事士.com』に、 求人情報を掲載してくださっている企業様の中にも、無資格でも応募してOKの会社はたくさんあります。

ですから現時点で、電気工事士の資格を持っていない方で、「転職しようか迷っている」という方は、 ぜひ無資格でも応募できる求人情報を探してみましょう。



ただし、1つ注意していただきたいことがあります。
それは【資格を持っていないと担当できない業務もある】ということ。


例えば、電気を自宅やビルに運ぶために、道路の電柱や電線の工事があります。 あるいは、自宅で電気が使えるようにコンセントを設置したり、照明に灯りがつくように電気を通りしたりする工事もあります。 これらの電気に関わる工事をする時には、電気工事士の資格が必要です。


無資格でもできる業務内容としては、手元作業と呼ばれる先輩の補助作業が中心で、 その他、荷物運びや現場の掃除などの単純作業のみになります。

電気工事士の資格を持っていなくても電気の仕事に携わることはできますが、 担当できる業務範囲は限られてしまうので、将来的には資格を取ることを視野に入れておいたほうが良いでしょう。



電気工事に必要な『電気工事士』の資格を解説!

電気工事士の資格は、電気に関わる建物や設備の工事をする時に必要となる国家資格です。


電気工事士の資格には、「第二種電気工事士」と「第一種電気工事士」の2種類があります。 第二種が電気工事士の入門編となっており、 第一種がより上位の資格です。そのため、基本的には第二種電気工事士の受験から始める方が多いです。


ここからは、もう少し電気工事士の資格について詳しく見ていきましょう。


まず第二種電気工事士と第一種電気工事士では、工事できる建物の範囲が違います。 第二種電気工事士の資格を持つと、一般住宅や小さめの店舗での電気工事ができるようになります。 第一種電気工事士の資格を持つと、大規模な工場などでの工事も可能となって範囲が広がります。


資格 できること 規模
第二種電気工事士 電圧が600V以下の電気工事
(配線工事や電気設備工事)
一般住宅
小規模な店舗
事業所 など
第一種電気工事士 最大電力が500KW未満の電気工事
(配線工事や電気設備工事)
ビル
工場
大型店舗 など

※ また電気工事士の資格には、上記の第二種電気工事士・第一種電気工事士の資格以外に、認定電気工事従事者という資格もあります。この資格は、簡易電気工事(電圧600V以下で使用する自家用電気工作物(最大電力500kW未満の需要設備))を行うことができる資格です。


電気工事士として活躍したいのであれば、まずは第二種電気工事士、更に経験を積んで第一種電気工事士と、どんどん上位の資格取得を目指していきましょう。


第一種電気工事士の資格まで取得することによって、携わることのできる工事の幅が広がるのはもちろん、転職をする際にもとても有利です。

資格を取得するメリットについて詳しく記載している記事も、是非あわせて参考にしてみてください。



電気工事士の受験資格

電気工事士の試験を受けるのに、必要な受験資格は一切ありません。 そのため、ご自身の年齢・学歴・職歴などに関係なく、どなたでも受験することが可能です。


10代で高校に通っている方も受験していますし、50代・60代の方も受験されています。 18歳未満の方も受験できますし、年齢の上限に制限もないです。

学歴も、電気系や機械系の学科を卒業している必要はなく、最終学歴も中卒・高卒・大卒とバラバラです。 受験者の職歴についても、接客、販売、倉庫業、営業、ITなど様々です。


試験を受けて合格したあと、必要な手続きをすると、電気工事士の免状が発行されて受け取ることができます。 これで、電気工事士の資格を持って工事をすることが可能となります。


上記の通り受験資格は一切ないのですが、第一種電気工事士の免状発行についてのみ、3年~5年の実務経験が必要とされています。 第二種電気工事士については、実務経験は必要なく、試験に合格して手続きをすることで免状が発行されます。



電気工事士試験の合格率・難易度

資格を取ろうと思った時に気になるのが試験の合格率や難易度。


第二種電気工事士は入門編』とお伝えしましたが、結論として、そんなに難しくはない試験だと言えるでしょう。 なぜならここ最近の試験の合格率は、筆記試験が約60%で、技能試験が約70%(平成27年~令和元年の平均)ほどと、高い数値を推移しているからです。


上記のグラフの通り、筆記試験・技能試験ともに合格率は5割を超えており、 言い換えれば2人に1人は受かる試験とも言えます。

第二種電気工事士の試験がどのくらい難しいと感じるのかは、 個人差もあるので一概にいうことはできないですが、 前もってしっかり試験対策を行っておけば、初心者でも一発合格を狙えると思いますよ!


※ 今回は触れませんが、上位資格の第一種電気工事士の合格率受験資格・難易度についてまとめた記事もあるので、あわせて参考にしてみてください。



電気工事士の試験内容

電気工事士の試験は、第二種電気工事士・第一種電気工事士のどちらも、「筆記試験」と「技能試験(実技試験)」の2つがあります。 筆記試験に合格できたら、1ヶ月半~2ヶ月後にある技能試験を受ける流れです (詳しい日程は、年度毎にご確認ください)。

筆記試験と技能試験の両方に受かると、試験合格となります。 第二種電気工事士の場合の試験内容は次の通りです。


▽筆記試験
・マークシート形式
・4択問題
・試験時間120分
・60%の正解率で合格です


▽技能試験
・事前に候補問題が公表されます
・試験当日に、候補問題のうちの1つが、出題されます
・試験時間40分
・指定された配線図や条件通りに、作業を完成できたら、合格です


筆記試験については、出題パターンがある程度決まっています。過去の傾向や、解答のコツを掴むことが合格への近道です。 電気工事士試験の過去問を繰り返し解くことで合格が近づきます。


また、60%の正解率で合格できる試験となっており、逆にいうと40%は間違えてもOKだと言えます。 そのため、満点を目指すのではなく、確実に60%分の点数を稼げるように勉強していく方法もあります。

実際に、筆記試験当日の1週間前に直前対策講座なども開かれていて、勉強箇所を絞って集中的に対策することで合格を目指す講座となっています。


もちろん、もっと早くから準備をしておけば、合格の確率はより高まります。 こちらの筆記試験の勉強方法でも紹介していますので、ご覧ください。



次に、電気工事士の技能試験は、筆記試験に合格してから準備を始めることが多いです。

事前に公表されている候補問題の中から、本番でも出題されますので、 候補問題を実際にやってみることが、なによりの対策です。 最低でも1回はやっておき、できれば2回目、3回目とやっておくと、本番当日でも落ち着いて作業できると思います。


技能試験は、筆記試験のあとに対策の時間がありますので、資格取得を目指す時は、 まずは筆記試験の対策から準備をしていけばOKです。 筆記試験と技能試験の両方に合格すると、はれて電気工事士の免状交付の申請が可能です。



まとめ

多くの方は、電気工事士の資格を取得するだけでなく、 その先に資格を活かして働くことを考えられているのではないでしょうか?

どんな求人があるのか一度見てみたいという方は、 こちらの電気工事士の求人募集から、 現在掲載されている求人を見ることができます。


求人に見てみると分かりますが、未経験から電気工事士として働いていく求人は数多く出ています。 これまで工事の経験がない方や、正社員経験がない方にも、十分にチャンスがあります。


また「経験もいらないし、電気工事士の資格がなくてもいいよ」という企業もいます。 この場合は、入社してから、第二種電気工事士の資格を取得することになります。 入社した会社の資格取得支援制度(費用負担など)が使える、教材や参考書を借りられる、 先輩社員から試験のコツを聞いたり疑問点を質問できたりする、といったメリットがあります。


実際に働く時には、まずは現場で仕事の流れや資材の名前を覚えるなど、基本的なことからスタートします。 細かなことを覚えることからスタートしますが、安全な工事をするために必要なことですので、地道に覚えていくことが求められます。

電気工事士に向いているかどうか、 就職時の年齢制限はあるか、 といったことも、より具体的に考えていく時には参考にしてみてください。


どんな仕事もそうですが、電気工事士の仕事では、一通りの仕事を覚えるまでは大変なことが待っています。 だからこそ、初めの苦労を乗り越えることができれば、やりがいも魅力もある仕事です。

是非、気になる情報や必要な情報を集めて、電気工事士を資格取得の候補として、お考えください。

資格試験スケジュールカレンダー