電気工事施工管理技士の概略

電気工事施工管理技士とは、設計図をもとに電気工事の施工計画を立案し、工事の工程管理、品質管理、原価管理、安全管理などの仕事を担います。今回はそんな現場を管理する重要なポジションを担う電気工事施工管理技士をピックアップいたします!

仕事内容

上記にも記載しましたが電気工事施工管理技士は、電気工事の施工計画の作成から工程管理、現場の安全管理など、電気工事現場の管理を担う仕事ですので、非常に責任の重い仕事です。ですので電気工事施工管理技士の資格を取得するのは誰でもすぐにできるものではなく、特定の受験条件があります。

また、資格試験内容も「電気工学」の基本から「電気法規」、「施工管理法」の専門知識の習得が必要になります。では、そのようなハイスキルが求められる電気工事施工管理技士の仕事の面白さや仕事の大変さ、そして得られる年収について詳しく見ていきましょう。

仕事の面白さ

電気工事施工管理技士の仕事の面白さは、責任の範囲が広い分、自分の裁量で物事を進めていけることでしょう。また、自社の技術者や下請け業者との交渉など、コミュニケーションを生かす場面もあり、そういった面も仕事の楽しさの一部ではないかと思います。

ちなみにクライアントとの金銭的な交渉をしなければならないイメージが強く、それを嫌がる方もいますが、会社の規模によっては営業担当者が交渉してくれる為、心配する必要はありません。

仕事の大変なところ

電気工事施工管理の仕事の大変なところは、まず書類作成があげられます。工事日誌、図面、工程表など、書類作成が苦にならない人であれば別にどうということではないのですが、現場の期間が長かった方の中には、それを苦痛に感じる方もいるそうです。ほかにあげるとすれば、クライアントや社内技術者、下請け業者との折衝でしょう。施工管理をする以上、コミュニケーションを避けては通れません。

給料

参考例ですが、「電気工事士」の有資格者の方が「電気工事施工管理技士」の資格取得をすることで、月収1万円~1.5万円程度の手当がつきます。物足りなく感じるかもしれませんが、それは資格取得直後の話であり、そこから電気工事施工管理技士のキャリアを積んでいくことで年収500万円~700万円前後を狙うことができます。

資格の種別

電気工事施工管理技士の資格には種別があります。種別は1級と2級があり各種別ごとに業務の範囲が決まっています。また各種別ごとに資格試験の受験条件も異なりますので、その点を以下では解説していきたいと思います。

2級電気工事施工管理技士「業務範囲」

2級電気工事施工管理技士は一般建設業の「専任技術者」か「主任技術者」になることができます。 ※一般建設業では電気工事を請け負う際の工事金額が3000万円を超えてはいけないことになっています。3000万円を超える場合は、特定建設業の許可が必要になります。

2級電気工事施工管理技士「受験資格」

2級電気工事施工管理技士の受験資格は以下になります。

学歴 実務経験
大学卒業(指定学科) 1年以上
短期大学または5年制高等専門学校
(指定学科)
2年以上
高等学校(指定学科) 3年以上
その他
その他は最終学歴に関係なく実務経験8年以上
第一種、第二種または、第三種電気主任技術者の免状交付を受けた者で、実務経験が1年以上ある者
第一種電気工事士の免状交付を受けた者
第二種電気工事士の免状交付を受け、実務経験が1年以上ある者

2級電気工事施工管理「全国受験者の合格率」

2級電気工事施工管理技士の全国受験者の合格率は以下になります。

学科 実地
平成20年 62.1% 47.0%
平成21年 59.2% 49.1%
平成22年 63.7% 45.0%
平成23年 55.1% 47.9%
平成24年 60.4% 41.6%
平成25年 67.1% 44.9%
平成26年 54.4% 39.0%
平成27年 55.2% 40.4%

1級電気工事施工管理「業務範囲」

1級電気工事施工管理技士は、特定建設業の営業所毎に置くことが義務付けられている「専任技術者」、「主任技術者」、「監理技術者」になることができます。
また1級電気工事施工管理技士は2級電気工事施工管理技士よりも上位資格になるため、一般建設業の「専任技術者」、「主任技術者」になることもできます。 ※特定建設業の場合、電気工事の請負金額が3000万円以上でも受注することができます。

1級電気工事施工管理「受験資格」

1級電気工事施工管理技士の受験資格は以下になります。

学歴 実務経験
大学卒業(指定学科) 3年以上
短期大学または5年制高等専門学校
(指定学科)
5年以上
高等学校(指定学科) 10年以上
その他
2級電気工事施工管理技術検定合格後5年以上
第一種、第二種または、第三種電気主任技術者の免状交付を受けた者で、実務経験が6年以上ある者
第一種電気工事士の免状交付を受けた者

1級電気工事施工管理「全国受験者の合格率」

1級電気工事施工管理技士の全国受験者の合格率は以下になります。

学科 実地
平成20年 44.3% 61.6%
平成21年 28.7% 73.1%
平成22年 38.4% 66.3%
平成23年 42.5% 64.6%
平成24年 45.9% 62.6%
平成25年 45.8% 58.4%
平成26年 35.6% 63.1%
平成27年 45.1% 63.4%

電気工事施工管理技士の将来性

今この業界はとにかく人手不足です。電気工事施工管理技士はその人手不足の電気業界の中で、さらに人が足りない資格ですので、将来的にも重宝されることはまず間違いないでしょう。さらに現在はインターネットやオール電化住宅など電気を使ったサービスの多様化が進んでおり、そのぶん電気設備も複雑化しています。

複雑化した電気設備は、より厳しく工事内容をチェックしなければならなく、電気工事施工管理技士の需要を高める要因のひとつとなっています。そうした背景からみても電気工事施工管理技士は将来性の高い資格であると言えます。

電気工事士専門求人サイトのアンケートにご協力お願いします
カテゴリ
電気工事士試験問題クイズ
電気工事士試験問題クイズ
第三種電気主任技術者試験過去問クイズ
電気工事士さんが使う便利な3つのアプリ