もう悩まない!電験三種の参考書選びのコツとおすすめテキスト3選

資格  試験  対策 

目次

電験三種を受験しようと思ったときに必要になるのが参考書。 しかし、電験三種の参考書は種類が豊富で、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。


おすすめがありすぎて、結局どれを選べばいいの?」 「買うのは1冊だけで大丈夫?」 「せっかくお金払って買うんだから、損はしたくない


と悩んでいる人も多いと思います。

そこでこの記事では、電験三種の参考書を選ぶ際のコツと、おすすめの参考書3選をご紹介します。 参考書選びで悩んでいる人は、参考にしてみてください。



参考書選びは、なるべく書店に足を運びましょう

まず、参考書選びの大前提として、なるべく書店に行って選ぶことをおすすめします。

その理由としては、


参考書の詳しい内容を自分の目で見ることができる
自分に合った参考書を見つけやすくなる
他の参考書と比較しやすい


以上のようなメリットがあるからです。


参考書を購入するとき、最近はインターネットを使う割合がとても多いと思います。注文したら2~3日ですぐ手元に届く、わざわざ書店に足を運ぶ手間もかからないという点はネット購入の大きなメリットですよね。

しかしながら、参考書の詳しい中身を見られないことはネット購入の最大の難点で、購入後に「なんか違う…」と、ミスマッチしてしまう可能性も高いでしょう。

とくに試験勉強の参考書や問題集を購入するときは、自分にとってフィーリングの合うもの・使いやすそうと感じたものを選択することが重要です。

また、参考書の詳しい中身を確認することで、ほかの参考書と比較できるというメリットもあるので、なるべく書店に足を運び、自分の手に取って選ぶことをおすすめします。



合格者の体験談・商品レビューは必ずチェック

実際に電験3種を受験して合格した人の体験談や、商品のレビューをチェックするのは、いい参考書と出会うために欠かせない準備です。

書店やネット、どちらで購入するにしても合格体験や商品レビューを見ることで、実際にその参考書を使ってみての感想や、良い点・悪い点などを参考にできるので、参考書選びで失敗してしまうリスクを軽減できるでしょう。



参考書にも特徴があることを知ろう!

よく、ネットで参考書のレビューを見ていると、「図が多くてわかりやすかった」「図は多いけど、解説が少なすぎる」なんて口コミを見たことがある人も多いのではないでしょうか?

この通り、参考書にはそれぞれ特徴があります。


・図やイラストが多いもの
・問題の解説量が多いもの
・解説レベルが簡単なもの~難しいもの


図やイラストが多い参考書は、電気設備や機械構造の仕組みなどを理解しやすかったり、問題の意図をイメージしやすくなるので、電験三種をはじめて勉強する人におすすめです。


また、手にした参考書が最新のものかどうかを確認することも忘れてはいけません。

問題の出題傾向は毎年変化してるため、最新の情報がしっかり反映されているかどうかもチェックが必要です。


工事士.comが選ぶ電験三種の参考書おすすめ3選



ここからは、工事士.comが選ぶ電験三種の参考書を4つ紹介したいと思います。初学者向け~中級・上級者向けまであるので、ぜひ参考にしてみてください。


みんなが欲しかったシリーズ

電験三種をはじめて受験する初学者の人におすすめ▼

みんなが欲しかったシリーズ
出版社:TAC出版開発グループ


こちらの参考書は4科目全てが揃っているシリーズで、科目別の参考書以外に『電験三種 はじめの一歩』という初学者向けの入門書も出版されています。


このシリーズは、実際に電験三種の試験に合格した人からも多くの好評を得ており、電験三種の基本的な知識をしっかり学ぶことができるというコメントが多数でした。また初学者向けのシリーズということもあり、図やイラストが多いので文系の人でも始めやすいと言えるでしょう。

しかしその反面、ほかの意見として「初めての人向けでちょっと内容が薄い」「物足りなく感じた…」といった反応も。電験三種をある程度勉強している人・知識のある人は、もう少しレベルの高い参考書の購入をお勧めします。



電験三種これだけシリーズ

電気設備や機械構造の仕組みについてちょっと知識がある人におすすめ▼

これだけシリーズ
出版社:電気書院


こちらのシリーズも科目ごとに参考書が出版されていて、イラストでの解説が多めなのが特徴です。また、電子書籍で読めるkindle版も出版されています。

要点がまとまっていて理解しやすいという声がある一方で、情報量が多いので読むのに時間を要するといった意見もありました。

解説については、初学者にとっては少々難しいという声もあったため、電気設備や機械構造の仕組みについてちょっと知識がある人(~中級者)におすすめの参考書と言えるでしょう。



完全マスターシリーズ

電験三種の受験経験がある、電気に関する知識が深い人におすすめ▼

完全マスターシリーズ
出版社:オーム社


こちらのシリーズも科目ごとにそれぞれ出版されており、電験三種の合格者からも定評のある参考書です。実際にこのシリーズで勉強をした人からは、「ポイントごとにまとめられているのでわかりやすい」「解説が難しい」「内容がとても濃い」とさまざまな意見がありました。

情報量が多く解説のレベルが高いため、初学者の方にとっては少々難しく感じるかもしれません。電験三種は出題範囲が広いので、なるべく多くの部分を攻略したいという人・ある程度知識があり、更に深く学びたい人にはおすすめだと言えるでしょう。


まとめ

今回は、電験三種の参考書選びのコツと、 工事士.comのおすすめテキスト3選を紹介しました。


参考書はなるべく書店に足を運びましょう

自分にとってフィーリングの合うもの・使いやすそうと感じたものを選びましょう

参考書を購入する前に、合格した人の体験談や、商品のレビューをチェックしましょう

購入する前に、参考書の特徴を調査しましょう

参考書は最新のものかどうかチェックしましょう



電験三種は試験科目が4つもあり、それぞれの科目で学ばないといけない分野も広いので、攻略するには自分のレベルに適した参考書を使って勉強することが大切です。

これから参考をを選ぶという人は、ぜひこの記事でお伝えした上記のコツを参考にしてみてください。あなたが自分自身にピッタリな参考書に出会えることを祈っています。



【電験三種の試験に関連する記事はこちら】
知らなきゃ損!電験三種の難易度と合格率一桁の試験攻略法
【電験三種】勉強時間の目安と、初心者のための勉強方法


【過去問クイズも無料公開中!】
工事士.comでは、電験三種の過去問クイズコンテンツも用意しています。学科試験の問題をクイズ形式で楽しみながら勉強いただけます。ぜひご活用ください!

電験三種の求人を探す

電験三種の求人一覧

その他の条件で電気工事士の求人を探す

腰道具コンテスト
資格試験スケジュールカレンダー